2022年は詐欺に注意!?

警視庁の調べによりますと平成21年から2022年にかけて日本国内でさまざまな詐欺事件が発生しています。有名なのは振り込み詐欺ですが、これは高齢者をターゲットに絞った、高齢者のやさしい気持ちを利用する悪質なやり方です。

この振り込み詐欺が一番多い詐欺のカタチでしたが、それを追いこすような勢いで増えてきているのが仮想通貨詐欺です。2022年は詐欺が猛威を振るうのではないかと恐れられています。その代表的な詐欺の手口を知っておくことも大切です。

万が一自分が詐欺にあったら、運営会社に相談をしましょう。
詐欺で盗みとられたお金の返金をしてもらうような手立てをしなければなりません。この場合に業者と、一致協力して事にあたることが大切です。

それでは詐欺の具体的な手口をお知らせしましょう。
被害件数の多い手口について知っておくことが大切です。
まず、これは必ず儲かる架空の取引所で取引させるという手口です。
大きな特徴は最初の段階で少しだけお金を儲けさせてくれるという点に尽きます。
そして投資家が、これは儲かると大金を投資した瞬間に、それは悪意のある詐欺師によって巻き上げられてしまいます。

そして、情報商材を売りつけるというケースです。
これは絶対に儲かるシステムであるというような触れ込みで、ついついその甘い言葉に乗ってしまいます。
高額な情報商材を購入したのに、その効果はまったくありません。

この場合、詐欺師の目的は、役に立たない情報商材を高額な価格で被害者に売りつけるということに尽きます。
これでは被害者がFXで大儲けをするはずがありません。絶対儲かるとなどというような甘い言葉に乗ってはなりません。

近年は自宅で働くことも多いので、副業としてFX投資をやられている人は多いです。
その場合にはFX会社の評判をサイトの口コミ情報などで、しっかりとチェックしておく必要があります。比較サイトなどを上手に利用しましょう。

万が一FX詐欺にあったら、すぐに問い合わせましょう。
被害金額の返金請求は裁判でできることもあります。甘い言葉には乗らないことです。

タイトルとURLをコピーしました